FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

介護について

大変長らく、ブログをお待たせ致しました。(すみましぇん)

てくてくお散歩は、ちょっとお休みして。。。
本日は、介護についてお話をしたいと思います。

2年前より、母がパーキンソン病を患い、症状も少しづつ進み、今では一人で手すり無しで歩く事が
かなり困難になりました。

家族の負担も症状に合わせて少しずつ大きくなってきました。

ここで発生するさまざな問題。

A.父と二人暮らしで大丈夫なのか。
 父は亭主関白で、母が元気な時は、掃除・洗濯はもちろん、
 料理や食器洗いなど、家事を一切やらない人だったので、兄妹(三人兄妹です。)の誰かが
 同居をしないといけないかもしれない。という現実がでてきました。
 
 しかし、父が全てをやってくれるようになり、夜中のトイレの付き添いなどもしてくれ、
 今現在では二人暮らしで頑張ってます。父ちゃん、変わってくれてありがとう



B.日常の面倒は誰がみるのか。
 父は74歳になりますが、囲碁教室の所長みたいなのをやっていて(パート)、
 仕事は辞めたくない!という事で、兄妹の誰かが仕事を辞めて面倒を見るのか。
 施設に入れないといけないのか!という現実が出てきました。
 
 姉が看護師で、ちょうどこの頃職場を退職する気持ちになっていた事もあり、
 半年間だけ、母の面倒を見てくれていました。
 その後は介護保険を使い、平日はデイサービスを週に3回とその他の日はヘルパーさん、
 リハビリ訓練と訪問看護を使い、一人になる時間を極力無くして、
 (一人になる時間を2時間以上あけないようにしてました。)



C.お金の問題。
 医療費はもちろん、介護にかかる費用など、親の年金だけでやっていけるのか!不安がありました。
 
 まず、パーキンソン病が特定疾患に認定されている為、区役所で申請を出せば、
 この病気にかかる費用は、自己負担はゼロになりました。
 そして、介護にかかる費用は、今現在介護度が2になっている為、わずかな自己負担だけです。
 しかし、やはり2時間でも一人で居させるのが、だんだん不安になってきているので、
 もっと訪問介護やヘルパーさんなどを増やしていきたいとは思っていますが、
 そうなると手出しをしないといけなくなります。

 
今現在は、このような現状でやっていますが、ニュースで介護保険の負担額が
高くなるなどの話を聞くと、消費税が上がるのに、なんでさらにこんな負担をしないといけないのか。
と、納得できない気持ちが込み上がってきます。
さらに、お金がある程度負担できる人であればいいが、できないと、どうなるのか。
考えただけで、ゾッとします。
 
そして、やはり自宅での介護も限界にきている気もします。
父も夜中に3回から4回母をトイレに連れて行ってるので、最近では介護疲れが限界気味らしいです。。。
 
母の事を考えると、極力施設には入れたくないとは思うので、もう少し家族みんなで頑張りたいと思います。

介護は、ほとんどの誰もが直面する出来事にはなると思います。
そして、いろいろな家族の考え方があると思いますので、何が正しくて、何が正しくない。
という事はないと思います。

家族単位でしっかり、いっぱい話し合い、皆が同じ意見になったり、ならなかったりする事も
あると思いますが、皆が納得した方向で決断するのが、一番いいと思います。
これって、簡単なような気がしますが、現実に直面すると、本当に難しい事だと分かりました。

わたしの家族は、姉の想いが一番強く、今はその姉の考えで進める事が多くなってきています。
今はその想いに反対する気持ちはありませんが、今後、どんどん病気が進み、家族の負担が
大きくなった時には、しっかり家族で話し合いをしようと思います。

長い文章と少し重たいお話でした。そして、長々と読んで頂きありがとうございました。



福岡県 北九州エリア 筑豊エリア デザインの事なら JADへ

お母さんが大好きダァ〜〜〜〜〜〜!!!というあなた。
愛あるポチッとを押してください。
    
にほんブログ村 デザインブログ 広告デザインへ 
ブログ村ランキングに参加しております! FC2ランキングにも挑戦中!
 

テーマ : ひとりごとのようなもの
ジャンル : 日記

コメントの投稿

非公開コメント

No title

松子さん、お疲れさまです。
遅かれ早かれ、みんなが直面する問題だと思います。

ミドリ子の場合、義理のお母さんですが、
髄膜炎で倒れてなんとか命は取り留めて意識は回復したものの、
本来のお母さんと話しが出来る事は2度とありませんでした。
色んな場面で『お母さんだったらどう言っただろう?どうしてほしいだろう?』
と思う事も多々ありました。
なので、お母さんの意志を色々聞いてみてください。
参考になる時が必ずやってくると思います。

何をするわけでもなく、家族のみなさんも精神的に疲れていると思います。
ミドリ子の場合はなるべく『こうしないといけない』というような
決まり事をつくるのはやめていました。お互いに出来る範囲でっていう感じで。
家庭もありますからね。

でも、不思議と兄妹の絆が深まったりもします。
松子さんも体に気をつけてくださいね〜。

No title

鬼嫁松さん、お疲れさまです。

なんで国はもっと介護を応援しないんでしょうかね。
みんな、遅かれ早かれ直面するであろう問題なのに・・・

でも、体には十分気をつけてください。

No title

介護問題・・・
周りでも最近チラホラそういう話を聞くようになりましたし、他人事じゃない歳になってきました。

でも鬼嫁と言いながら思いやりのある鬼嫁さんですから、お母さんのために頑張りたいという気持ちはサポートしたい!
仕事での負担を少しでも軽くすることしかできませぬが、協力&応援します!

No title

ミドニンコさん、コメントありがとうございます。

こうしないといけない!という決まり事をつくらない。というのは、
よい考えですね。チョー参考になりました。
そういう決まり事で、時と場合で苦しくなる事がありそうですよね。
アザッスです。

ヤン坊さん、コメントありがとうございます。
今からどんどん福祉の重要性は高くなります。
しっかり選挙に参加して、いい国にしていきましょ!

よひこさん、コメントありがとうございます。
いつも、いつも優しさをありがとうです。
会社や周りの人たちにも優しさをもらってるので、
鬼のような形相で力一杯恩返ししたいと思います。。。

同じパーキンソンだった父ですが、夜のトイレは積み重なるとやっぱり大変。オムツにしてだけど、たまに自分で起きて行って倒れ、私が夜帰るまでトイレの前に何時間もそのままってことも。一週間ショートステイも利用しました。要介護も、また症状が進んだら更新したほうがいいかも。倒れても汚してもなるべく明るく対応してた。ま、たまに苛立ってだけどね。いくらやっても後悔は出てくるから精神的にまいらないようにね。でも、その時の大変さが今は懐かしいのよ。多分、松さんが言うよに絆が強まってたんだと思うよ。

No title

マルコさん コメントありがとうございます。

マルコさんのお父さんも同じ病気でしたね。
家族がまいらないようにと、母もメンタル弱いので、
そこもしっかりケアしながら、ん〜〜〜!大変と言えば、大変だけど、
何とか楽しみながら家族で乗り切りたいと思います。
お問合せ・コンタクト

株式会社JAD

直方市感田321-1
TEL:0949-29-8181
FAX.0949-29-8183
E-mail:
info@jad-set.co.jp

JAD動画@Youtube
電子カタログ実例





殊才社長(SH福井北)の動画集


コンポストブログ
簡単にできる段ボールコンポストの作り方をお教えします!


人気の記事 BEST-3
カテゴリ
ランキング参加中!
にほんブログ村 デザインブログ 広告デザインへ
最新記事
最新コメント
FC2カウンター
RSSリンクの表示
リンク
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

月別アーカイブ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。